24日目 無駄な残業が多い社員への対処法

 本日は無駄な残業が多い社員への対処法解説していきます。
 明らかな生活費が目当てだと思われるような無駄な残業をしている社員の人はいませんか?そういった人たちにどう対処をしていくか考えてきましょう。
 まず、残業というのは管理監督者などの許可があって残業をしなくてはなりません。勝手な社員の判断で残業をするということはまずありえません。残業については明確に社内ルールとして許可制にしてみましょう。
 注意したいのが会社が黙認をしている場合です。この場合は許可は出していないものの黙認をしていると判断されます。それにより残業代だけではなく健康管理など、安全衛生の面でも責任を負う場合があります。
 たかが残業と思わずに、業務の割り振りなども含めて検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です