18日目 教育制度

 本日は、教育制度(初級)について解説していきます。
 もしかすると、読まれている方の中には、学校じゃないんだから教育なんていらないよと思っている方がいるかもしれません。結論から言ってしまいますと、必要です。組織として成り立っているのであれば、それぞれ階層ごとの教育が必要です。例えば管理職になるためには、一定のレベルに達している人ことが必要ですよね。大企業であればすでに教育体制が構築されていると思いますが、中小企業では整っていないところがほとんどではないでしょうか。

 では、中小企業でも教育体制を作れということになるのかというと、それができればいいのですが企業にあった教育が必要です。人材不足が叫ばれる中で、即戦力の人が入社してくれればいいのですが、現実は未経験でも採用せざるを得ない状況もあると思います。その人財を一人前にできれば、結果として、企業は成長できます。まずは簡単なところから考えてみましょう。
 まずは、先輩社員をつけてあげることが一般的ではないでしょうか。これは新入社員だけではなく、先輩社員の習熟度アップにもつながります。できればどういった順番で仕事を教えていくのかをあらかじめ用意しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です