16日目 面接

 本日は、面接について解説していきます。
 まずは要件定義にあった人物像を明確にし、合否の判断に迷わないようにしっかりと回答を聞き逃さないようにしましょう。

1、面接の進め方
 まずは、面接官から簡単な自己紹介を行いましょう。次は、アイスブレイクから始めて話しやすき雰囲気を作るよう心がけましょう。その後、簡潔に会社説明を行い、今夏の募集背景を説明していきます。 採用したい人物像・スキルを明確に説明しましょう。 どのように期待に応えてくれるのか「具体的」な質問をしましょう。
 面接は30~60分程度がほとんどだと思います。時間内に終わらせることも配慮しましょう。

2、業務実績の把握
 面接が得意な人もいれば苦手としている人もいます。実績について明確な回答をもらえるように少しずつ掘り下げていくことも必要になります。自分を過大評価をする人や過小評価をする人、様々ですので見極めは経験も重要になります。できるだけ数値化したり具体的な業務実績を用いてください。
 スキルやノウハウなどについて質問をするときには、必ず専門分野の人を同席させるようにしましょう。そのスキルが会社として求めているのもなのか見極めてもらうようにしてください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です