15日目 書類選考

 本日は書類選考について解説していきます。
 最近では書類を直接郵送するといったことは少なくなってきていると思います。ウェブサイトからの応募であったり、メールでの応募が多くを占めているのではないでしょうか。
 さて、その応募書類ですが皆さんはどこに注目していますか?応募者全員と面接をするのであれば、書類選考は行いません。書類選考を行うということは、一定条件に達している人のみと面接をしたいということですね。面接官の人件費もありますので、無駄な時間をとらないようにしなくてはなりません。ではどこを見ていくのでしょうか。
 まずは職務経歴ですね。どのような仕事をしてきたのか、即戦力となりうるのかをチェックしておきたいですね。具体的な実績が書いてあるとわかりやすいですね。
 次に職歴に空白期間がないかですね。もしあるとすれば明確な理由があればいいのですが、書いていない場合は少し心配ですね。面接に進む場合には必ず引継ぎ事項としましょう。 そして退職理由にも注目したいですね。なぜやめているのかは把握しておくべき項目のひとつですね。
 そして、資格・免許です。一定の経験や知識がないと取得できないので、応募者のレベルを図る参考になります。
 そして書類選考の連絡ですが、1~3日以内に選考結果を知らせることができるといいですね。特に面接に進む場合はよりスピード感をもって取り組みたいですね。だらだらとのんびりしていては、他社に決まってしまったり、入社したいという気持ちが弱くなってきてしまいます。注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です